経済学専攻主任:神山 恒雄

 

 

 


 

 経済学専攻では、将来独立した研究活動を行うのに必要な研究能力の養成(研究者の養成)と、高度な専門性をもつ職業に必要な知識を授ける高度専門職業人の養成という2つを教育目標としています。その目標を達成すべく、開講科目の多様化や社会人入試の実施、一部科目の夜間開講などを図っています。
 カリキュラムは経済情勢の変化に合わせて見直しをしており、近年のコンピュータ化や社会情勢に対応して情報経済学や公共経済学の分野にも力を注いでいます。提携している8大学の大学院での受講も可能です。
 授業は講義・演習ともその授業密度は濃く、高度な経済理論を学ぶのに適した環境です。また、最近のわが国をはじめ諸外国の経済の実態は、景気や財政・金融をはじめ多種多様な問題が山積しています。その実態の解明とその対応策を考察することのできる力を、理論、制度、歴史、さらには実証分析などを駆使して養います。
 実態分析とインプリケーションのある論文を執筆できる能力を養うことを目的としています。つまり、知識ばかりでなく、実証分析を通して院生諸君の「問題発見能力」と「問題解決能力」の育成に努めることにも心がけています。経済学専攻では、「専門性」と「多様性」を備え、「洞察力」と「解決能力」に優れた研究教育者の育成をはじめ、キャイアアップ、生涯教育などに資する教育に努めています。