明治学院大学経済学部で3年間学んで優秀な成績を修めた学生は、大学3年で卒業して大学院に進むことができるという制度、いわゆる「飛び入学」の制度があります。この制度の適用者は、口述試験のみ、つまり面接だけで経済学専攻博士前期課程に入学することが可能です。この制度の適用を受けることで、最短5年間で学部と大学院博士前期課程を修了することが可能です。

 

 その条件として、以下の(1)から(4)をすべて満たす必要があります。

 

  (1) 3年春学期までの成績が、科目総合でGPA2.8以上である見込みが立つ学生。
  (2) 3年春学期までの成績が、専門科目(「専門科目」・「隣接領域科目(他学科科目)」)
に関してはGPA2.9以上である見込みが立つ学生。
  (3) 卒業に必要な単位数を3年次終了時に取得見込みであること。
  (4) 原則として「演習A」を履修していること。